0120-306-376

相続税コンサルティング

万が一の時も安心価格でサポート。
大切な財産をしっかりと次の方へ受け継ぎます。

あけぼの会計が選ばれる理由

あけぼの会計は、ご遺族にご負担の少ないかたちで、
相続税申告のお手続をサポートします。

平成26年までの相続税の申告割合は4%(100人亡くなると4人)程度でしたが、平成27年の相続税改正によって申告割合は8%(100人亡くなると8人)にまで上昇しました。改正で相続税の基礎控除額が下がったことにより、例えば東京都内で一軒家を持っている方が課税対象に含まれるケースが増えたことが大きな原因です。納税義務の有無にご不安がある方は、お気軽にお問い合わせください。

申告件数
100件超の実績

あけぼの会計は、創業時から20年以上、多くの相続税申告に関わってきました。必要なお手続きは、あけぼの会計で対応いたしますので、ご安心ください。

お客様のご要望に
応じた報酬設定

所有資産の金額や内容で報酬を決定、シミュレーションで簡単見積もりも可能です。ご契約前に報酬を提示した上で、作業を進めさせていただきますので、ご安心ください。

相続財産1.5億円未満
のお客様に特化

東京・茨城・千葉・埼玉・栃木・つくばエクスプレス沿線を中心にご依頼を受けています。普段、会計事務所と接する機会が無い方からも安心して手続きが進められると好評をいただいております。

相続税申告後も
品質を補償

申告後の5年間については、税務署からの指摘や税務調査の可能性があります。万が一、税務署との見解の相違があった場合でも、対応させていただいております。

あけぼの会計に依頼する6つのメリット

メリット 1
相続税申告に関するお手続きはすべてお任せ

相続税申告書の作成にあたっては、被相続人・相続人の戸籍や土地や建物などの不動産の登記簿謄本、金融資産の残高証明などの資料収集、相続財産の評価、土地の現地調査、遺産分割方針の決定など、多くの専門的知識が必要とされます。お客様のお手続のご負担を少しでも軽減できるよう、あけぼの会計がサポートいたします。

メリット 2
わかりやすく丁寧にサポートすることが、税務調査対策につながります。

税務調査件数のうち、おおよそ85%の割合で申告漏れの財産が見つかっています。税務調査対策のためにも、相続人と税理士が密にコミュニケーションを取り、申告漏れの財産が無いよう、確認を重ねていくことが必要になります。お客様の守秘義務を徹底した上で、わかりやすく話しやすい雰囲気作りを心がけているので、はじめての相続税申告もご安心いただいています。

メリット 3
作業の中心をつくばにすることで、低価格が実現。

全国物価地域差数ランキング(東京都は全国1位、茨城県は37位)からも、会計事務所を経営するためのランニングコストは、茨城よりも東京の方が高いことがわかります。東京のお客様も多くいらっしゃいますが、作業の中心をつくばにすることで、あけぼの会計としてもコストダウンが図られ、ひいてはお客様からいただく報酬ダウンも実現することができます。

メリット 4
お忙しい方や遠隔地の方でもオンラインでサポート。

お電話だけでなく、メールやチャット、テレビ会議など、平日はお仕事でお忙しい方や遠方の方でも円滑に連絡が取りやすいよう、コミュニケーションツールを多く用意しています。面前では言いにくいことでも、お気軽にご相談ください。

メリット 5
書面添付制度を積極利用。

書面添付制度とは、税理士が相続税申告について適正であることを保証する制度です。書面添付制度を利用することで税務調査が実施されることを大幅に回避することが可能になります。自信を持った、より確実な相続税申告を行うことで、税務調査のリスク軽減に努めています。

メリット 6
「概算相続税額の簡易シミュレーション」とあけぼの会計に依頼した場合の「簡易報酬シミュレーション」ができる。

「概算相続税額の簡易シミュレーション」で納税義務の判定と概算納税額をWEB上で確認することができます。また「簡易報酬シミュレーション」で、概算報酬もお見積もり可能です。報酬については、お客様のご状況(相続財産に現預金が全く無い等)に合わせて、提示することも可能なので、お気軽にご相談ください。

税理士選びのポイント

相続税を大幅に節税できると謳っている
会計事務所にご注意ください。

相続財産の計算にあたっては、税法で決められたルールがございます。したがって税法通りに計算すれば、本来は納付する相続税額に大小は出るわけは無いのです。

実は上場株式や投資信託など、あるいは生命保険金の評価など、すべては相続税法で計算の仕方が定められています。

土地を取り巻く環境は様々

ではなぜそのような節税があるのでしょうか?例えば、土地に関しては路線価と言う道路につけられた価格に土地の面積を掛けることによって評価額が計算されます。
ところが土地の形はいわゆる正方形のものはほとんどございません。不整形地といいまして、菱形だったり、あるいは三角形だったり、正方形の土地はほとんどないのが現状です。
また土地に傾斜がある場合は、土地を平らに整地する必要もございます。さらには高圧線が近くを通っていたり、あるいは忌み地と言いましてお墓が近くにあるなど、土地を取り巻く環境は様々です。

土地の用途に制限があると、土地の価値は下がります。

このように土地の形が多少でもいびつであったり、マイナス要因があった場合には、土地の有効活用に影響を与え、価値が下がると税法は判断しております。例えば家を建てる際にも制限が出てきたり、追加の費用がかかったり、土地の用途に制限があると、土地の価値は落ちます。
そういった土地に対しては、税法で減額をすることが許されています。では例えば整形地ではなく、わずかに台形だった土地に対してその減額はどのくらいあるのでしょうか? 10%も20%もあるかと言えばそんな事はありません。わずか数%です。
また地方の建物の立っていない土地に関しましては、地盤が軟弱であったりすると、その地盤改良工事の金額を土地の評価額から引くことができます。

大幅な節税ができると言い切るのは正確ではない。

しかしすでに建物は立っている土地に対して、そのような大幅な減額はあると思われますでしょうか?
実際には評価額を計算する上での減額は、よほど特殊な要因がない限り、特別に大きなものはありません。
税法に則って計算をすればそれほど大きな差は生じないのです。
したがってあたかも大幅な節税ができるような説明は、正確とは言えず、我が事務所では行っておりません。

あけぼの会計は、完全報酬制です。
安心低価格でサービスをご提供します。

相続税申告報酬料金表

①基本報酬

遺産総額報酬額(税抜)
5千万円未満20万円
5千万円以上~7千万円未満35万円
7千万円以上~1億円未満45万円
1億円以上~1億5千万円未満60万円
1億5千万円以上~2億円未満75万円
2億円以上~2億5千万円未満95万円
2億5千万円以上~3億円未満115万円
3億円以上~4億円未満140万円
4億円以上~5億円未満170万円

②加算報酬

内容報酬額(税抜)
土地の数1か所ににつき6万円加算
相続人の数(2人以上の場合)相続人2人以上の場合には2人目から1人に つき基本報酬の10%加算
非上場株式の数1社につき15万円加算
申告期限まで残り3か月以内の場合には、報酬総額の20%~50%の特別加算をいただきます。

例)遺産総額が1億円 土地の数が2か所 相続人が3人の場合

①基本報酬 60万円
②加算報酬
土地加算:土地2か所×6万円=12万円
相続人加算:相続人数 (3人ー1人)×60万円×10%=12万円

報酬総額 ①+②=合計84万円(税抜き)

相続税申告のスケジュール

相続税の申告は、相続開始日(被相続人の死亡を知った日)から10ヶ月以内に相続税申告書を管轄の税務署に提出し、かつ相続税の支払いまで完了しなければなりません。
もしもその申告期限に1日でも遅れてしまうと、追徴課税がかかってきますので注意が必要です。 原則として申告期限は延長できませんが、遺留分減殺請求がある場合、相続人の異動などの特殊な場合には最大2ヶ月の延長ができる場合がありますが、これはあくまでも特殊な例となり、大抵の場合は相続税申告の延長はできません。

これを踏まえて、10ヶ月以内に申告を完了する必要があります。こちらの図は相続税申告の基本的な流れの中です。

相続の放棄は、相続を開始した日から3か月以内しかできないため、相続の放棄をご検討される場合には、相続開始から2か月を経過した頃までには税理士に依頼することをおすすめします。

相続税申告のスケジュール

相続税申告のサポート内容

相続がはじめての方にも安心していただけるよう、
ご不明点や不安なことは何でもご相談ください。

相続税申告のサポート内容

相続税申告のセカンドオピニオン

相続税額に納得していますか?
大切な財産のために、別の意見を聞いてみたい。再計算をしてほしいときには、お気軽にお問い合わせください。

初回のご相談は無料でご利用いただけます。

ご予約制で土・日・祝日もご対応しております。 お気軽にご相談ください。

受付時間9:00-17:30 (土日祝除く)

24時間受付

※ メール相談年中無休・24時間受付中