0120-306-376
あけぼの会計 > News > 資金調達・助成金コンサル > スタートアップで融資は受けるべきなのか?
スタートアップで融資は受けるべきなのか?
  • akebono
  • 資金調達・助成金コンサル
  • コメントはまだありません

融資を受けることができるベストなタイミングは、間違いなく「創業前若しくは創業直後」です。

それは、なぜか?

創業してしばらくした後に融資の申し込みをする場合、融資担当者は、必ず過去の成績を確認します。事業がうまくいっていれば、借入のハードルは下がりますが、事業がうまくいっていない場合には、借入のハードルは高くなり、借入自体が困難を極めることがほとんどです。

一方、創業前又は創業直後には過去の成績がありません。そのため、過去の成績が無い状態で、融資担当者がお金を貸すことができるかどうかの判断の基準は、熱意や事業の計画性、過去の経験値が主となります。

「創業までに貯めた自己資金があるから、融資はお金が心配になった時に借りればいいかな、、」と考える経営者さんが多くいらっしゃいますが、事業の成績は下がり始めた頃では、融資申し込みは遅いのです。

また、融資の審査で、自己資金があることは大きなアピールポイントにもなるため、自己資金が尽きてからの融資は、融資担当者にとってネガティブなイメージしかありません。

以上からも、より確実に融資を受けたいのであれば、創業前又は創業直後に政策金融公庫から創業融資をうけることです。

無担保かつ金利も低く、事業に対する熱意や経験、売上計画の根拠をしっかりとアピールすることで、融資が可能になります。

あけぼの会計では、政策金融公庫に正式な申し込みをする前に、仮の打診(融資を受けることができるか等)を融資担当者にすることもできます。

事業が傾いてからではなく事前対策をしっかりと練っていくことが、事業成功の大きなポイントになります。

Author: akebono

コメントを残す

CAPTCHA